読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー・ブンガク・グッドバイ

Twitter読書会告知やイベント告知・身の回りのことやそうでないことまで

第二回 月吠え読書会 開催のお知らせ

f:id:yuriikaramo:20151029180607p:plain

ロゴ(KUNIOさん作)

日時・11月29日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街月に吠える

課題図書 桐野夏生『抱く女』

f:id:yuriikaramo:20151029180253j:plain

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

さらに読書会について知りたいという方は以前の読書会用のものですが、こちらのページをご参考ください↓

なんとなく分かる「あの夜の読書会」とはなにか? - ハロー・ブンガク・グッドバイ

今回の読書会について

第二回の読書会は桐野夏生『抱く女』をやります。前回、『月に吠える』というバーで読書会をしてみて、かなり大人な話を真面目に話せる空間だし、込み入った話をしても大丈夫だなという実感が得られたので、今回は少し現代的な問題とも絡んだ小説に挑戦してみようということを思い立ちました。(あの夜の読書会のテーマが「子ども」だったので、今回は「大人」かな?と)

とは言え、今回はじめて桐野夏生という作家に触れる方も多いかもしれませんし、しかも最新刊という評価が定まっているとはいえない作品なので、どのような読書会になるかは僕もよくわかりません。まぁ分からないなりにいろいろと切り込んでみるのも大事だとはおもいますので、そこはみなさん、どうぞ宜しくお願い致します。