読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー・ブンガク・グッドバイ

Twitter読書会告知やイベント告知・身の回りのことやそうでないことまで

第一回 月吠え読書会 開催のお知らせ

ご無沙汰しております。8月に、「あの夜の読書会」が終了し、しばらく経ちましたが、ようやく次の読書会を開催できるようになりましたので、こちらにて告知いたします。

 

 

第一回 月吠え読書会

日時・10月18日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街月に吠える

課題図書

f:id:yuriikaramo:20150930173024j:plain

萩原朔太郎『月に吠える』

参加費

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

さらに読書会について知りたいという方は以前の読書会用のものですが、こちらのページをご参考ください↓

なんとなく分かる「あの夜の読書会」とはなにか? - ハロー・ブンガク・グッドバイ

今回の読書会について

まず、これまでの経緯からお話させていただきます。以前、尾崎教育研究所で開催した「あの夜の読書会」の終盤のころになりますが、とあるきっかけから、新宿ゴールデン街にあるプチ文壇バー『月に吠える』というお店でバーテンとして働くことになりました。

こちらのお店は、「超敷居が低い文壇バー」ということを看板にしており、実際、本の話はもちろんですが、その他にも実に様々な話題が気軽に話せる店づくりがされております。

「おざ研で読書会が終わったら、次はこちらに移行できればありがたいな」とはボンヤリ思っていたのですが、店の中で働くようになってからいよいよ、この場所でならまた以前とも違うような面白い読書会ができるかもしれないという感触を得ました。そこで、店のオーナーの方に打診したところ、快諾をいただけました。

そこで、読書会の最初の課題図書として何が相応しいかを考えたのですが、やはり店の名前となっている作品こそが第一回に相応しいだろうと思い、萩原朔太郎『月に吠える』を選びました。

詩集の読書会というのは、僕自身はじめてですが、「月に吠える」という場所とどういう科学反応が起こるのかが楽しみです。

ともかく、もう一度初心に帰って読書会をやっていこうとおもいますので、是非に、ご参加して楽しんでいただけたら幸いです。

よろしくお願い致します。