読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー・ブンガク・グッドバイ

Twitter読書会告知やイベント告知・身の回りのことやそうでないことまで

第19回 あの夜の読書会開催のお知らせ

f:id:yuriikaramo:20100729031354j:plain

日時・8月15日(土曜日)

19時から23時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・尾崎教育研究所(おざ研)

司会・ジャッキーさん(おざ研オーナー)

課題図書 ジェームス・マシュー・バリー『ピーター・パンとウェンディ』

f:id:yuriikaramo:20150721212801j:plain

【重要】

『ピーター・パンとウェンディ(原題:Peter and Wendy)』は、広く出回っているピーターパンの物語のイメージとはかなり違っています。どの翻訳のものでも基本的にはかまいませんが、青い鳥文庫とポプラ社文庫は児童向けに内容を削っているためお勧めはできません。以下の翻訳がお勧めできる作品です。(上からお勧め順です)

石井桃子訳『ピーター・パンとウェンディ』(福音館文庫、2003年6月)

・芹生一訳『ピーター・パンとウェンディ 完訳版』(偕成社文庫、1989年8月)

・佐伯泰樹訳『ピーター・パン』(中央公論社、1995年11月)

・厨川恵子訳『ピーター・パン』(岩波少年文庫、1954年10月)

・秋田博『ピーターパンの冒険』(角川文庫、1988年11月)

河合祥一郎訳『新訳ピーター・パン』(角川つばさ文庫、2013年1月)

特に、石井桃子役と芹生一訳であれば安心です。この他にもたくさん翻訳があるので、良さそうなものがあれば、そちらでも可です。

 

参加費・無料(ただし、お酒、おつまみなどを利用される方は、おざ研への木戸銭として1000円をお願いします。詳細はこちらから→木曜□って?

参加人数・10名まで(少し増えるくらいは大丈夫です)

おざ研への交通アクセス

〒160-0023
新宿区西新宿8丁目2-23
コアステ~ジ西新宿405
尾崎教育研究所

行き方の詳細はこちらを→おざ研ってどこ?

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)

まで、あの夜の読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

参加人数は10人くらいを予定しておりますが、少しくらい増えるのはかまいません。お気軽にご連絡ください。(12人くらいが場所的な限度ですので、何卒ご理解ください)

その他・お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

備考

8月15日、お盆に行われる読書会は、おざ研オーナーのジャッキーさんが司会進行をおこないます。

また、僕の読書会とは違う雰囲気になることは間違いないので、楽しみにしていただけると嬉しいです。

以下、進行役ジャッキーさんからのコメントです

『ピーター・パンとウェンディ(原題:Peter and Wendy)』に書かれていることは、おそらく世間に広く流布しているピーターやその物語のイメージとはずいぶん違っています。これは児童文学と言われますが、大人になってこそ、琴線に触れる部分が多々あるはずです。騙されたと思って、いちど読んでみてください。
子どもとはいったい何であるのか、何であったのか、とかいった様々なことを、昔話でもしながら語り合えたらと思います。