読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー・ブンガク・グッドバイ

Twitter読書会告知やイベント告知・身の回りのことやそうでないことまで

10月の月吠え読書会 開催のお知らせ

 

日時・10月16日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街『月に吠える』
課題図書 倉橋由美子『聖少女』

 

f:id:yuriikaramo:20161003173109j:plain

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

 

9月の月吠え読書会 開催のお知らせ

日時・9月18日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街『月に吠える』
課題図書 坂口安吾「白痴」

f:id:yuriikaramo:20160902191219j:plain

 

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

 

 

月吠え読書会 六月から八月までの予定

19日(日)13時~17時

f:id:yuriikaramo:20160520193032j:plain

又吉直樹『火花』

売れない若手芸人ふたりの、かなしくもユーモアあふれるやりとりが心に残る青春小説です。一時期とにかく話題になり、コンビニですら売っているという事態に驚いたものですが、実際受賞作を読んだ方々はどのような感想を抱いたのでしょうか。ここでは芸人としてのピース又吉について語ることには重点を置かず、あくまで作品から何が読み取れるかを、みんなで話し合ってみたいと思います。

 

月17日(日)13時~17時

f:id:yuriikaramo:20160520193207j:plain

三島由紀夫仮面の告白

女性に対して性的な関心をまるでもてない主人公が、その独自の性的指向を自らの幼年期からの体験を踏まえて語りだすという小説。要約しようとするとこんな感じになるんですけど、実際はもっと入り組んでいるし、三島らしいとしか言えない強いクセのある小説です。三島由紀夫ファンはもちろん、すごく苦手、はじめて読むという人にも集まって欲しい読書会です。

 

21日(日)13時~17時

f:id:yuriikaramo:20160520193315j:plain

太宰治人間失格

日本の小説の歴史の中でも群を抜いて有名で、小説をあまり読まない人ですら、この作品については熱く語ったり、ひどく嫌ったりすることがあるほど。もちろん散々語り尽くされ、研究されている作品ではありますが、あらためて自分の体験に引きつけて考えた時にどんな気持ちが生まれるか、参加者といっしょに語ることで、どんな魅力がみつかるのか。もちろん、読んだことないという人も、これを機会にぜひ。

読書会のルール

課題図書をあらかじめ読んできて感想を交わし合う!それだけ!(本は持参してください)

場所 新宿ゴールデン街『月に吠える』

参加人数10人程度  飲料・お菓子をみんなで持ち込みする感じです。 無料です!

参加方法yuriikaramogmail.comまで、どの課題図書の読書会に参加したいかも含め、主旨をお書き上げの上、連絡ください。

 

 

月吠え読書会 三月~五月までのお知らせ

3月20日(日)13時~17時

f:id:yuriikaramo:20160302125305j:plain

島尾敏雄『死の棘』

夫の不倫により、狂気に憑かれてしまった妻。彼女はこれまでの夫に対する怒りを爆発させ、延々と責め立てる。夫はひたすら詫び続け、妻の言葉に耳を傾ける日々はいつまでも続いて行き・・・ 極限状態にまで追い詰められた夫婦の姿を通して、絆や愛とは何なのかをこちらに問いかけてくる作品です。結婚生活や夫婦生活について何か思うことある方いれば是非にご一読ください。

4月17日(日)13時~17時

f:id:yuriikaramo:20160302125341j:plain

中上健次枯木灘

紀州・熊野が舞台の小説で、私生児として生まれた主人公、秋幸の生き様を描いた作品。

肉親への憎悪や、呪われた一族の血や、閉鎖され奇妙な空間となった路地など、壮大で凶暴な世界観はかなり読み応えあり。かつて、新宿ゴールデン街でも暴れ回り、未だにその伝説が語り継がれている作家・中上健次の代表作のひとつです。中上健次ファンでなくとも、登山に挑戦するような気持ちで読んで下されば嬉しいです。

 

5月15日(日)13時~17時

 

f:id:yuriikaramo:20160302125426j:plain

谷崎潤一郎痴人の愛

サラリーマンの河合譲治は、カフェでみそめた美少女・ナオミを自分好みに育てあげ、妻にする。しかし、譲治が独占していたナオミの周辺には、いつしか不良たちがあつまり、夫婦の愛はしだいに歪みはじめていく・・・大正末期が舞台ですが、エロスと狂気に満ちたこの作品には非常にファンも多く、現在でも読み続けられている傑作です。まだ未読の方はこれをきっかけに是非に。

読書会のルール

課題図書をあらかじめ読んできて感想を交わし合う!それだけ!(本は持参してください)

場所 新宿ゴールデン街『月に吠える』

参加人数10人程度  

料金・無料 飲料・お菓子持ち込みOKです

参加方法yuriikaramogmail.comまで、どの課題図書の読書会に参加したいかも含め、主旨をお書き上げの上、連絡ください。ツイッターyuriikaramo

 

2016年 月吠え読書会の予定

f:id:yuriikaramo:20151029180607p:plain

来年の読書会の予定をお知らせさせていただきます。

開催日(月ごとの第三日曜日)

f:id:yuriikaramo:20151228104548j:plain

117日 小松左京「継ぐのは誰か」

f:id:yuriikaramo:20151228104711j:plain

 

221日 ジュノディアス 「オスカーワオの短く凄まじい人生」

f:id:yuriikaramo:20151228104832j:plain

 

320日 島尾敏雄 「死の棘」

場所 新宿ゴールデン街『月に吠える』 時間 13時~17時(読書会は二時間ほど)

参加人数8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

参加方法

yuriikaramogmail.comまで、どの課題図書の読書会に参加したいかも含め、主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

 

 

 

 

 

第三回 月吠え読書会開催のお知らせ

日時・12月20日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街月に吠える

課題図書 橋本治『恋愛論』

f:id:yuriikaramo:20151203175951j:plain

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

さらに読書会について知りたいという方は以前の読書会用のものですが、こちらのページをご参考ください↓

なんとなく分かる「あの夜の読書会」とはなにか? - ハロー・ブンガク・グッドバイ

今回の読書会について

第三回は橋本治『恋愛論』をやります。とあるきっかけから、ここ一年ほど橋本治という作家を集中して読み込んでおり、いつか読書会をやりたいと考えておりました。

しかし、橋本治氏の特に初期作品は絶版や品切れ本が多く、また大長編や連作ものが多いことから、読書会の参加ハードルが高いため、躊躇しておりました。

しかし、つい最近になって、橋本治『恋愛論』が復刊され、様々な読書会でも課題図書にされているという話も聞きました。そこで、まずはこの本をあしがかりに、橋本治の世界に触れていってみようかと思います。

評論を読書会にするのもはじめてのため、どんな感じになるのかは分かりませんが、ともかく皆さんが読んでくだされば幸いです。

なにとぞ、ご参加よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

第二回 月吠え読書会 開催のお知らせ

f:id:yuriikaramo:20151029180607p:plain

ロゴ(KUNIOさん作)

日時・11月29日(日曜日)

13時から17時ごろまで(読書会自体は2時間ほどを予定。内容により伸びる可能性もあり)

場所・新宿ゴールデン街月に吠える

課題図書 桐野夏生『抱く女』

f:id:yuriikaramo:20151029180253j:plain

無料(ただし、お店のお酒などを飲みたいという方は、店の料金システムが別途かかります。料金についてはこちらを)

参加人数

8人(席の都合上、予備椅子がひとつしかないため、入れても9人までです。)

交通アクセス

新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り

新宿駅東口より徒歩6分 新宿三丁目駅E1出口より徒歩1分

参加方法

yuriikaramoあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に直してね)まで、読書会に参加したいとの主旨をお書き上げの上、連絡ください。その際、お名前、TwitterSNSでのアカウント名を教えてくだされば幸いです。

その他

お菓子、おつまみ、飲料の持ち込みはOKです。危険行為や危険物の持ち込みはNGです。

読書会とは

事前に課題となった本を参加者それぞれに読んでもらったうえで、当日みんなで意見や感想を交わし合うというものです。本を持参していただく必要がありますので、あらかじめご用意ください(電子書籍でも構いません)。研究書や参考文献などを持ち込んでかまいません。

さらに読書会について知りたいという方は以前の読書会用のものですが、こちらのページをご参考ください↓

なんとなく分かる「あの夜の読書会」とはなにか? - ハロー・ブンガク・グッドバイ

今回の読書会について

第二回の読書会は桐野夏生『抱く女』をやります。前回、『月に吠える』というバーで読書会をしてみて、かなり大人な話を真面目に話せる空間だし、込み入った話をしても大丈夫だなという実感が得られたので、今回は少し現代的な問題とも絡んだ小説に挑戦してみようということを思い立ちました。(あの夜の読書会のテーマが「子ども」だったので、今回は「大人」かな?と)

とは言え、今回はじめて桐野夏生という作家に触れる方も多いかもしれませんし、しかも最新刊という評価が定まっているとはいえない作品なので、どのような読書会になるかは僕もよくわかりません。まぁ分からないなりにいろいろと切り込んでみるのも大事だとはおもいますので、そこはみなさん、どうぞ宜しくお願い致します。